BLACKY INSECT blog

中国ホペイの飼育

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り出し

Category:  
1/24ブログの瓶底に蛹室を作った蛹を掘り出すことにしました
掘らなくてもよい気がしますが、グラネロさんのご要望でネタ作りですね(笑)

個体データ BTVa-1 ・7/3 初令L-GS投入 ・10/28 31グラムEXTRA投入 ・1月中旬蛹化

DSCF8583.jpg ご覧のように瓶底に蛹室を作り底から覗くとお尻が透けて見えます

DSCF8584.jpg 長いスプーンで慎重に掘り進むと蛹が出てきました


DSCF8594.jpg 体重を量り(20グラム)人工蛹室に移しました


DSCF8593.jpg

気になる羽化不全要素は特にありませんでした
蛹体重(20グラム)から羽化体長データを持ってないのでよく分かりませんが
パッと見は75ミリくらいで羽化でしょうか?

蛹の顎は太く見えて、羽化するとようやく普通の顎になります
顎痩せ、頭痩せ せずにバランス良く無事に羽化して欲しいですね   贅沢か(笑)
スポンサーサイト

菌糸詰め替え

Category: その他  
先日、KBファームさんから届いたブロックを詰め替えました

自己流の実にいい加減な詰め替えです、ご覧ください

DSCF8553.jpg
用意するのは、コンテナ・網・エタノールスプレー・スコップ・スプーン・ハンドプレス・包丁 です
消毒液・500円のスプーン以外はもらい物か100均商品です

DSCF8555.jpg 手・瓶・その他用意した物を消毒します

DSCF8558.jpg 包丁で袋を破り

DSCF8559.jpg 網の上へ

DSCF8560.jpg 皮膜の厚い部分は包丁でそぎ落とします

DSCF8562.jpg 網をまたいで左右にゴリゴリと(コレが一番疲れます)

DSCF8563.jpg 上の皮膜だけ残しバラバラに

DSCF8567.jpg 園芸用スコップで3・4回に分け瓶に詰めます

DSCF8572.jpg ハンドプレスで適当にトントンと

DSCF8574.jpg 最後、肩口は親指で詰め込みます

DSCF8577.jpg 2ブロックで1100瓶が6本と800瓶が半分でした

DSCF8580.jpg 正味660グラムでした

と、まぁこんな感じでいつも詰め替えています (撮影協力 馬鹿娘2号)

ハンドプレスを上から体重を掛け力を入れての「堅詰め」はしていません
疲れるし、時間が掛かるからです(笑) 気力もありません (笑)




お買い物と菌糸交換

Category: 幼虫  
ダンカンさんのHPでKBファームさんのセールを知り、頼んだ物が届きました
KBさんのお買い物
プロゼリーとマット(栄養フレークEX)とAG菌床です
AG菌床で育てているオス幼虫をあと7・8頭交換しなければなりません
LEVIN-G菌床は喰いが悪いのでまだブロックで余っていますが、泣く泣く今期の検証のため注文しました
マットは来期の初二令幼虫の一時保管用です


今期最後の幼虫の菌糸交換をしました
BXV-22
10/4初令(LEVIN-GSP)投入、110日交換で26グラムとイマイチでした


メスだと思い放置していた幼虫
BTVb-28
9/18二令(LEVIN-GSP)投入、125日交換で31グラム 


AG菌床の2本目から3本目への交換
KTSV-14
10/4 24グラムで 今回28グラムと微増 微妙

もう一頭、AG菌床の2本目から3本目への交換
KTVa-14
10/28 24グラムで 今回33グラムと大幅UP! 



まあまあのは写真で載せているけど、17グラムのオスとか・・・  いましたねぇ(笑) 

テンションダウン

Category:  
正月休みが終わってから急に持病の「テンションダウン症」が出て、放置してしまいました
シンドロさんの書き込みで目が覚め、久々に温室を見てみると
s-DSCF8512.jpg
先日掘り起こした蛹室にキノコの子実体が出ていました
s-DSCF8514.jpg
蛹室を暴くと、子実体が出ることがよくありますね
まあ早めに気づき、キノコを取り除き事なきを得ました

温室をチェックしてみると 2頭の幼虫が蛹になっていました
BTVb-11
11/5に30グラムだった個体です
パッと見75ミリくらいでしょうか?

もう一頭
BTVa-1
10/28に31グラムだった個体です
まずい所に蛹室を作っていました 
下からのぞくと
瓶底
お尻が透けて見えています
このくらいだと人工蛹室に入れ替えるかどうか迷います

う~ん、どうしましょう ?

蛹化1号2号

Category:  
12/25に蛹室を作っていた幼虫を見てみると
2頭が蛹になっていました

DSCF8509.jpg
11/20に30グラムで交換した個体です
下の方に蛹室を作っていますが瓶底ではないようです
外からはお尻しか見えません

DSCF8492.jpg
こちらは11/20に21グラム(今期最低レベル)で交換した個体(BTVb-9)です
見るからに小さそうです

今期一発目がどんな個体か気になり、またネタ作りのため 掘ってみました

DSCF8495.jpg
やはり小さく70ミリに届かないくらいの個体でした
気になる顎形状は・・・ ビミョ~ 、顎幅も・・・ ビミョ~ でした 
テーマ : クワガタ・カブトムシ    ジャンル : ペット

うちのメス幼虫はかわいそうだ

Category: 幼虫  
久々にメスの菌糸瓶の一部をチェックしました

どっかの某グラネロさん宅の幼虫は幸せで、メスでも70日から90日で交換してもらえるようですが
我が家では、ほとんどの瓶が投入後半年ほど経っていて酷い状況です
菌糸が縮み完全に劣化しています(汗)
が、暴れ回ったり、泥状にならない限りこのまま一本返ししようと思っています

DSCF8483.jpg


三分の一ほどのメス幼虫が蛹室を作りだしていました
暴れて3・4ヶ月で交換したメスもほとんど食わずに蛹室を作りだしています
我が家では交換するだけ無駄なようです(笑)
20頭ほどが2月に羽化するでしょう

DSCF8486.jpg


7月投入し11月に交換した幼虫が一頭だけ羽化していました
早期羽化は2頭目になります
国産オオクワでは大型のメス幼虫をわざと早期羽化(それでも50ミリくらい)させて
大型狙いで翌年使うのがはやっているみたいですが
ホペイの早期羽化の小さな個体を翌年使うのはどうなんでしょうね?
羽化した兄弟を見て、良かったら使うのもありかと思いますが・・・

DSCF8491.jpg

Happy New Year

Category: その他  
2013.jpg

あけましておめでとうございます
旧年中は色々とお世話になり誠に有り難うございました
本年も何卒宜しくお願い申し上げます


FC2絵日記がもうすぐ5年(5年で終わり)になるので、このブログに引っ越しをしました
今年もロケット型細顎ホペイの製作に励みます、よろしくお願いします m( __ __ )m


« »

01 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR
プロフィール

かん

Author:かん
中国ホペイを飼育
ロケット型細顎製作所代表


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。